横濱花火の歴史

日本の花火の起源 (戦国~江戸時代)

日本の花火の起源は、
1543年、種子島にポルトガル人が来航し、鉄砲を伝えた事から始まったとされます。
その鉄砲を解体して、火薬の製法等を研究したといいます。
 戦国時代に武器として使われた火薬は、
江戸時代に入ると、娯楽としての「花火」に使われるようになります。
当時の文献によると、伊達正宗徳川家康が花火を見物したと書かれているようです。
 その後、鍵屋・玉屋による両国川開きなどで有名な江戸のほか、三河・信州・越後などを中心に
花火は大変盛んになっていきました。
 以上、これら江戸時代の花火の色は、
暗い炭火色1色のみ(和火と呼ぶ)で、この濃淡で表現されていました。
現在のようなカラフルな明るい色の花火(洋火と呼ぶ)は、
文明開化の地「横濱」に大きな関わりがありました。

近代花火発祥の地「横濱」  (明治・大正時代)

江戸時代、暗い炭火色の花火しか見ていなかった人々は、
初めての華やかな色彩の花火に大変驚き、感激したそうです。

明治7、8(1874,1875)年頃
横浜太田町に、平山甚太が煙火工場開業
明治8(1875)年頃
横浜にマッチの原料として塩素酸カリウムが輸入され、これを日本の花火に応用し、
色付花火(洋火)の研究が始まる。
明治10(1877)年 11月 3日
平山煙火により横浜公園で日本初の西洋花火大会が開催される。
 (天長節に大小300余発)
明治12(1879)年 9月 2日
前アメリカ大統領グラントが横浜から帰国する際に平山が盛大な花火を打ち上げる。
この後、平山の「横濱花火」は、欧米へ輸出されるようになる。
明治13(1880)年7月 4日
米国独立記念日にグランドホテル前の海上で花火打揚
以降、大正を経て昭和初期頃まで続く。
また、平山煙火は後に県外へ移転したとされる。

「横浜山田の花火」の沿革 (昭和時代~)

戦後間もなく、初代、山田阿久利山田煙火店(屋号・横浜山田の花火)として営業開始

昭和20年代 戦後当時の新聞広告
昭和24(1949)年 7月12日
第1回 ミナト・ヨコハマ花火大会 で花火打揚
 (大岡川畔や、伊勢佐木町飛行場跡等で数回開催)
昭和26(1951)年 7月 9日
横浜みなと祭花火大会、野毛山山上にて花火打揚
昭和28(1953)年8月16日
第1回 金沢カーニバル花火大会 金沢海岸にて花火打揚
 (昭和44年まで開催)
昭和31(1956)年
第1回 横浜みなと祭 国際花火大会
 野毛山山上・横浜公園前大岡川河畔で開催
 ⇒のち、山下公園前海上に
昭和33(1958)年5月
横浜開港100年祭 花火大会
 山下埠頭にて花火打揚
昭和35(1960)年
二代目、山田豊の時、有限会社山田商店
横浜開港百年祭
の花火大会(1958年)
東京オリンピック
Tokyo Olympics
を祝う仕掛花火(1964年)
昭和50(1975)年
第1回 金沢まつり花火大会 開催(~現在)
昭和58(1983)年 11月
日本丸誘致・みなとみらい21着工祝賀花火大会、山下公園前で開催
昭和59(1984)年
港北区綱島で、第1回 鶴見川花火大会 開催
 (平成11年を最後に近隣の宅地化により終了)
昭和60(1985)年 8月 1日
第1回 神奈川新聞花火大会 開催
昭和61(1986)年
三代目、山田光明 就任
昭和62(1987)年2月25日
フィリピンEDSA革命
Philippine People Power Revolution
1周年記念式典にてManiraで花火打ち揚げ
昭和63(1988)年6月12日
フィリピン共和国独立89周年記念式典にてマニラで花火打ち揚げ
平成元(1989)年7月23日
横浜開港130周年祭
 トミタ・サウンド クラウド インヨコハマ で打揚
  冨田勲氏のシンセサイザーと、オーケストラ、
  レーザー光線、コンピュータグラフィックス等と花火の競演
平成3(1991)年 1月 1日
日本テレビ「ゆく年くる年」で山下埠頭前にて花火打揚
平成3(1991)年
有限会社ヤマダ
平成7(1995)年
株式会社ヤマダ
平成12(2000)年 1月 1日
西暦2000年カウントダウンで大桟橋突端にて花火打揚
平成13(2001)年 1月 1日
21世紀カウントダウンで大桟橋突端とMM21前海上にて花火同時打揚
平成14(2002)年 1月 1日
2002年サッカーワールドカップ(FIFA World Cup)
横浜決勝開催を祝し、MM21前海上にて花火打揚
W杯横浜開催を祝う
サッカー型花火
(2002年横浜開港祭)
平成21(2009)年6月 2日
横浜開港150周年の開港記念日に、横浜開港祭でMM21前海上にて花火打揚
平成21(2009)年
横浜開港150周年を記念し、市内各所の記念事業で花火打揚
横浜開港150周年
開国博Y150
マスコット
『たねまる』花火
平成27(2015)年
現代美術家・蔡國強(Cai Guo-Qiang)氏の横浜美術館における火薬アートの作品制作に協力
⇒蔡國強展『帰去来』
 

参考資料

神奈川新聞
横浜成功名誉鑑
郷土資料の森 第13号 (神奈川県立図書館かながわ資料室編)
郷土よこはま 132号 (横浜市中央図書館編)
横浜開港資料館